【Y. & SONS神田】2021SS商品のスタイリング紹介 | Y. & SONS

2021/04/16 14:26



こんにちは。Y. & SONS 神田スタッフの川崎です。

先々週まで改修工事が行なわれており、4/4からリニューアルされた日本民藝館に先日、ブランドディレクターと行ってきました。

ご存知の方も多いと思いますが、日本民藝館は、民藝運動を起こした思想家の柳宗悦らの企画で創設された美術館です。

現在は、無印良品の壁掛式CDプレイヤーなどを手掛けたプロダクトデザイナーの深澤直人さんが館長を継いでいます。

全て、柳宗悦の審美眼によって集められたものが展示されており、玄関を入ってすぐの左右に伸びる大階段も

柳宗悦のこだわりで取り入れられ、民芸品だけでなく建築物にも強い思入れがあったそうです。

本館と向かい合うように建てられた自邸(現日本民藝館西館)にもこだわりが詰まっているそうです。

私たちは公開日ではない日に行ったので入れなかったのですが、本館の入館料で西館も入ることが出来るので、

ご興味がある方は、第二・第三週の水・土曜のみの公開ですので、このタイミングで足を運んでみてください。


今回は、前回のブログでぜひご覧いただきたいと言いました、羽織とパンツのセットアップのスタイリングをご紹介致します





リネンとコットンの混紡の素材を使っており、ゆらゆらとドレープする艶感ある生地は非常に滑らかな風合いです。

またフレンチデニムのようなブルーグレーの色合いで、同じ綾織りの一般的なデニムに比べ上品さがあり、

リネンの丈夫さとコットンの柔らかさが合いまった生地になっています。





この羽織をきものに合わせる場合は、素材がコットンリネンですので、木綿のきものや少し艶感のあるシルクウールのきもの、

21SSで発売された商品で言いますと、片貝木綿に絞りを施したゆかたにばっちり合うと思います。

自分の持っている綾織り無地の木綿のきものに合わせてみたらとても合いましたので、

この時期に合わせる羽織をお探しの方には本当におすすめです!





またパンツは腰回りにゆとりのあるワイドテーパードシルエットですのでトレーニングされている方や、恰幅の良い方でも余裕の

あるサイズ感になっています。ジップフライで腰部分左右にスラッシュポケット、背面にはパッチポケットが付いています。

ドローコードを絞ることでタックのような綺麗なドレープ感が生まれるので、

トップスをタックインされる場合は絞った方が格好良く着れると思います。





数量限定で少しですが、同素材のスタンドカラージャケットも入荷しています。

テーラードジャケットのよりもカーディガンを羽織るようなカジュアルさのあるデザインです。

このジャケットとパンツのセットアップも格好良いですが、ジャケットとパンツのセットアップに羽織を合わせるという

スタイルがめちゃくちゃ格好良いと思います。ジャケットとパンツも数が少なくなってきましたので、

気になる方はお早めにご覧ください。当店でしか出来ないこのスタイル、本当におすすめです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

《商品金額》

【羽織】リネンコットン BLUE GRAY ¥69,300- 
【インナー】ヘンリーネックTシャツ / Y. & SONS × Graphpaper / WHITE ¥13,200-
【パンツ】COMOLI リネンコットンドローストリングパンツ BLUE GRAY ¥46,200-
【履物】下駄 日田 スリッタ角 小千谷縮 紺 ¥10,890-


《商品リンク》




※商品リンクがないものはお問い合わせ下さい。

TEL:03-5294-7521
メールアドレス:info@yandsons.com
公式LINEへのリンク:https://lin.ee/h9oezyc